笑顔の女性

ピルと聞くと避妊効果が得られることを想像しますが、実は低用量ピルには避妊効果以外にも女性の症状を軽減する効果があります。

ピルには様々な種類がありますが、基本的に女性ホルモンである、卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤が含まれています。1錠当たりに含まれる卵胞ホルモンの量によって分けられており、高用量、中用量、低用量そして超低用量ピルの4種類があり、通常良く使用されるのは低用量ピルです。なお卵胞ホルモンはすべて同じ種類のエチニルエストラジオールが含まれており、錠剤によって黄体ホルモンの種類が異なります。

さらに低用量ピルと超低用量ピルは黄体ホルモンの種類によって4世代に分けられており、ノルエチステロンは第1世代、トリキュラーに代表されるレボノルゲストレルは第2世代、マーベロンに含まれているデソゲストレルが第3世代、そしてドロスピレノンが含まれている第4世代となっています。第4世代は超低用量ピルとも言われており、ヤーズが代表的な薬剤です。このうち第1世代のルナベルと第2世代のジェミーナ、第4世代のヤーズとヤーズフレックスは月経困難症の治療として保険適用になっています。

低用量ピルの場合、避妊効果の他に、生理周期のコントロールや生理痛、ニキビの改善、生理不順、PMS、卵巣がんや子宮体がんの予防といった様々な効果があります。どの低用量ピルも基本的には4週間で1サイクルとなっており、21錠タイプや28錠タイプがあり、ヤーズは24錠となっています。

生理の初日から服用するので月経周期も28日に整っていき、それに伴って子宮内膜もさほど厚くならないので、いらない子宮内膜を強く押し出す必要もなく、経血の量も減らすことができます。この作用によって月経不順がなくなり、生理痛の軽減、貧血に効果を示します。女性特有の病気に関しても有効であり、卵胞ホルモンが過剰に出ることで起こりやすい子宮体がんや排卵時に卵巣を傷つけることによって起こることが多い卵巣がんにかかりにくくなります。このほか乳腺症の予防効果もあります。

低用量ピルは、薬に含まれる女性ホルモンの量がいつも同じ1相性と、黄体ホルモンが後半に増えるなど2段階に変化をする2相性、黄体ホルモンの量が3段階に変化する3相性があるので、どのタイプにするのか医師と相談をし、体にあったものを服用することが大切になります。低用量ピルを上手に使用することで様々な効果を得ることができます。